料金案内

※費用は全て消費税税別です。

 

法律相談

問合せのみでは費用はかかりません。

まず、問合せフォームからご連絡ください。

 

内容 料金
法律相談料 2時間まで一律2万円

 

相談自体の質を確保するため、上記の金額としています。

 

顧問契約

 5万円~(月3時間まで) それ以上は、1時間3万円となります。

 

紛争解決(IT紛争、著作権紛争)

以下は一例です。タイムチャージとなる場合もあります。
事前にご相談の上決定させていただきます。

 

着手金:請求額の15%(最低額30万円〜)

ただし、請求額が大きい場合は減額があります。

 

参考例

500万円の案件で、交渉からご依頼いただき、交渉決裂のため裁判をして400万円で勝訴的和解をした場合。

 

【着手金】500万円(請求額)×12%(税別)=60万円(税別)

 ※上記60万円(税別)を着手時に頂戴します。

 

【報酬金】400万円(和解金額)×12%(税別)=48万円(税別)

400万円を当職で受け取り、報酬金を引いた額を送金させていただきます。
400万円-48万円+消費税=352万円-消費税 を依頼者に送金します。

 

【諸費用5万円(交通費、印紙代等々)】

事務所から1時間半以上かかる場合は、別に【日当+交通費】をいただきます。

 

  • 日当計算方法
    半日の場合(往復4時間以内 3万円)+交通費
    1日の場合(5万円)+交通費

 

契約書の作成

 

秘密保持契約書作成

料金:10万円~20万円

ひな形をダウンロードしてそのまま使用するのではなく、ポイントを押さえた上で、
クライアントのビジネスに応じた秘密保持契約書を作成します。

 

 

IT関連契約書作成

トラブルを防ぐ最初の手始めは、契約書の充実です。何かあってからでは遅いです。

 

契約書のひな形作成

料金:20万円~35万円

IT企業向けに契約時の契約書のひな形を作ります。開発内容に合わせてリスクを洗い出し有利な契約書を作成します。

 

作成したひな形の個別修正or提示された契約書のチェック

料金:10万円~25万円

個別の契約書のチェックは10万円~25万円で行います。

 

具体的な内容に応じて、料金は変動します。お見積もりさせていただきます。
特殊な契約書や金額が大きな契約書は高くなる傾向にあります。

 

利用規約作成、チェック(新規ビジネスの法的リスク洗い出しを含む)

料金:20万円~40万円
そのビジネスが「法的に問題がないか」から調査させていただきます。

 

まず、法的な点をクリアーする必要があります。

また、既存の利用規約をそのままコピーペーストで貼り付けていないでしょうか。

サービスが違えば、求められる点も違います。

 

ただ、内容によっては、上記費用以下でお受けできる場合もありますのでご相談ください。

 

社内研修

料金:20万円〜50万円(1時間20万円/1時間追加毎に10万円)
「IT関連の法知識」、「個人情報保護」、「デジタルコンテンツの著作権」など時間によって金額が変わります。

 

社員全体への法務意識のアップ、契約担当部員への研修など相談をお受けしますので、ご相談ください。

 

ITコンサル

システムセキュリティ・個人情報コンサル

 

料金の目安:売上1億円の会社で200万円〜400万円程度
※個人情報の取扱いの程度で変わります。

 

システムセキュリティの専門家と共に、企業のセキュリティ対策について、改善のポイント、社内のガイドラインの策定支援までを行います。

 

上記金額を目安に、作業項目にあわせ見積をさせていただきます。

 

IT発注サポート

システムの発注についてアドバイスを行います。
開発の契約書の確認、議事録の残し方等々、注意点をアドバイスします。
契約書の発注代金の1%(最低額20万円)をいただきます。

 

 見積

紛争解決、契約書,顧問契約等々、特に難しい案件は、上記それぞれ金額より高くなる場合もありますが、着手前に別途見積もりさせていただきますのでご安心ください。